現在発表されているパチスロ機の中でも、
ダントツで爆発率を有しているのはAT機です。



1ゲームあたりの純増枚数が、約3枚と破格のスピードで増えていくのですから、
その位置づけも当然です。



約5秒間に90円の試算ですので、
一時間フルスピードで打てば60000円ほどにもなるのです。



そのAT機を5号機で世に送り出したのが、サミーの、『パチスロ 攻殻機動隊』 です。



純増2.8枚/1Gのハイスピードを実現させ、
上乗せ特化型のATシステム、更には確率的な当たり安さを兼ね備えた、
まさにミドルハイスペックとでも呼ぶべき台です。



人気の秘訣はやはりそのタイトルによるものもありますが、
5号機初のAT仕様ということもあります。



ART機では、なかなか短時間での勝負は厳しいものではあるのですが、
特に、攻殻機動隊は初当たりもスピーディで、
尚且つ高設定台ですと上乗せもかなり多いので、時給60000円も夢では無いのです。



特に、上乗せが確定した瞬間に突入する電脳ハック、
更には、前兆を経由して突入する電脳ラッシュ、
3桁上乗せが確定するエピソード等、
そのゲーム数増加率も優秀です。



それぞれにゲーム性を有しており、
打ち手もレバーを叩く手に気合が入ることまちがいなしです。



そんな攻殻機動隊は現在でも現在ですし、人気をキープしています。







About the Author


コメントを残す