ART機が爆発的に増え、現在はAT機にシフトしてきている昨今ですが、
それでも、着実にしっかりメダルを増やすことができるART機は、
今なお人気を博している機種であります。



その中でも人気だったのが、『パチスロ モンキーターン』 です。



安定して勝率を上げてくれるシステム性と、射幸心を煽られるワクワクする演出、
そして適度なプレミアが、打ち手にとってストレスフリーな機種だったのです。



まずシステム製ですが、



・超天国(32G)
・天国(128G)
・通常A(768G)
・通常B(1280G)



からなる天井間で、ゲーム数解除を狙うタイプのボーナス無しART機です。



優出モードからの前兆を経由して、ART、”SG Rush” に突入ができれば、
テーブル管理性のARTへ突入、基本50GのARTを複数テーブルにおいて継続させ、
上乗せでメダル数を更に増やすといった仕様なのです。



安心できる点は、テーブル管理性という点についてなのですが、
これは基本的に複数セット当選させることが目的のため、
上乗せが無くても次に期待が持てるのです。



さらに、ART中最後の9Gで繰り広げられるSGレースが見もので、
ライバルたちと争い勝利すれば次の回に進めるという仕様は、
打ち手もハラハラドキドキです。



それに嬉しい仕様として、滅多に到達できませんが、
テーブル内で最高8回のART継続を迎えるとグランドスラムとなり、
次回超天国天井確定という仕様でもあるのです。



狙いよってどこまでも勝てる。その仕様が人気を呼んだ理由では無いでしょうか。







About the Author


コメントを残す