カジノにある代表的なゲームとしてルーレットがあります。



これは、色や数字で分けられた場所に賭けて、
当てることができると、賭けた場所に応じて賞金が手に入るゲームです。



賭けることができる場所がいくつかあり、それぞれ配当が違ってきます。



一番配当が低いのは、”赤か黒” を当てるものや、
”前半の数字が出るか、後半の数字がでるか” あるいは、
”奇数か偶数か” というのを当てるものです。



これらは基本的には2分の1なので、
賭けで勝ったら2倍になります。



次に低いのは、”12ずつで区切られた数字に賭ける” ものです。



ルーレットの目は36しかないため、
12で区切ると3つの区分に分かれます。



3つであるなら当たった時の配当3倍になります。



配当が3倍の賭け方は、”1・3・7” といったベット表を、
縦に見た一列で賭ける方法もあります。



あとは6つの数字に賭ける、”6点賭け” や、
5つの数字に賭ける、”5点賭け” などがあります。



めったに出ない場所や、
1つの数字が出ることに賭けて当てることができれば、
賭け金の、”35倍の金額” を手に入れることができます。
(賭け金と合わせて、賭け額の36倍が返ってきます)



また、逆に赤もしくは黒であったり、奇数もしくは偶数などの、
半分以上が該当する場所に賭けて、ゆっくりと勝つという方法もありますが、
これらは賞金が2倍のため大勝するということは少ないです。



ただ、確率は1/2ですが、
ルーレットの盤の隣同士に賭けた方が当たる確立が高いというのも、
有名な話です。



ルーレットは判断する要素が少なく、
運に頼る場面がとても多いゲームですので、
ほかのゲームよりもピリピリした空気を感じずに気楽にできますし、
細かい作法を知っておく必要もないという、メリットがあります。







About the Author


コメントを残す