カジノの中では欠かせないゲームの一つとして、
ブラックジャックというものがあります。



ブラックジャックというのは、
手札をできるだけ21点に近づけていくゲームで、
普通のカードはその数字の分がポイントとなり、
絵札はすべて10ポイント。



そしてエースは特別で普通は11ポイント扱いですが、
1ポイントのカードとしても利用することができます。



そして、手札の合計が21を超えてしまうと、
無条件に負けとなってしまいます。



ブラックジャックを実際のカジノでしていく上で、
まず最初に自分の目の前の机に、あるサークルに賭け金を置きます。



そのあとディーラーが、すべてのプレイヤーとディーラーに、
カードを1枚づつを2週して、合計2枚配っていきます。



そしてプレーヤーは3つの選択肢を選ぶことができます。



■1つ目は、カードを追加する、”ヒット” です。



カードを追加することで21ポイントに近づいていきますが、
追加しすぎてしまいますと、
21ポイントを超えて負けになってしまう恐れもあります。



■2つ目は、カードを引かずにそのまま勝負する、”スタンド” です。



これは自分の札が20もしくは21など、
かなりいい手札が揃えば、そのままスタンドでいいと思います。
(17以上はスタンドするのが、一般的です)



■3つ目は、降参というをもつ、”サレンダー” です



その名の通り、賭けずにゲームから降りることを示しますが、
賭け金の半分は没収されてしまいます。



このほかにも特殊なルールはいくつかありますが、
基本的なルールはこれくらいです。



ほかのカジノゲームと同様に、簡単にプレイできるので、
初心者の方にも取り組みやすいカジノゲームだと思われます。







About the Author


コメントを残す