日本のスロットとカジノのスロットマシーンには、
いくつかの違いがあります。



まず一番の違いは目押しという技術が要らないという点です。



日本のスロットマシーンは、条件を満たした後に、
特定の絵柄を狙って打たなくてはいけませんが、
カジノのスロットマシーンは、そういった要素がないため、
初心者の方でも、安心してスロットゲームを楽しむことができるようになっています。



日本のスロットマシーンは、ある程度プレイすると、
当たりやすい回数であったり、絶対に当たる回数(天井)があります。



そのため、日本のスロットマシーンは、
何回ゲームを行った(回した)かを示す表示があります。



しかし、カジノのスロットマシーンは、
確立が偏ることがないのである意味平等に楽しむことができます。



システムの面でも大きな違いがあり、
それはメダルに交換する必要がないというものです。



日本のスロットマシーンは、メダルに交換して、
特殊景品に交換して、さらに、現金に交換するという手順を踏んでいきます。



これは、日本が直接現金を賭けてはいけないという法律があるために、
こういった手順になります。



しかし、カジノでは現金を受け渡しに関する法律はないため、
スロットマシーンをプレイするときも、
メダルに交換するのではなく、そのままクレジットとして打っていきます。







About the Author


コメントを残す