年末ジャンボ宝くじをはじめとする、
昔からあるいわゆる「宝くじ」。



江戸時代には富くじと呼ばれていました。



街角や大型ショッピングモールなどには宝くじ売り場があり、
最も身近な宝くじの一つです。



最近ではみずほ銀行のインターネットサービスで、
部屋にいながらにして購入することもできます。



私も昨年の年末ジャンボ宝くじを買いました。
ぜひ的中してほしかったので、
家や職場の神社仏閣を一通りまわってお参りしました。



湯島天神やアクアシティー神社、
年末で帰った時に実家周辺の神社。



新宿花園神社にもお参りしましたが、
私が行く時間はお酒を飲む時間なので、境内は閉まってました。



お賽銭を投げてきましたが、
どこまで効き目があったか分かりませんね。



また、職場や常連の居酒屋さんで知り合った女性たちに、
宝くじを触ってもらって気を注入してもらいました。



宝くじに手を置いてもらうつもりだったのに、
キスしてくれたり、宝くじを胸においてお祈りをしてくれました。
バーに住んでいるネコにも触っていただきました。



最後に実家の仏壇において、祖母と仏様にお願いして新聞を開きました!



当選発表や売り場のチェッカーが、
宝くじを調べているときの高揚は楽しいですね。



新聞やインターネットで下の桁からゆっくりと数字を追っていくとき、
チェッカーの「高額当選」に1が表示されることを期待しているとき。



宝くじの醍醐味です。



さて、私の宝くじですが300円しか当たりませんでした…
「神様が嫉妬したんじゃないの?」 全員に口をそろえて言われます。
ですが、その工程が楽しかったということで。







About the Author


コメントを残す